低金利なカードローン!

専業主婦でもキャッシングを行うことができます

キャッシングを利用するにはその本人に収入が必要ですが、専業主婦に限り、配偶者である夫の収入を頼りにした借り入れを行うことができます。

ただし、この借り入れが行えるのはそれを認めている銀行のカードローンだけです。消費者金融は原則的に本人に収入がないと利用することはできません。

このように配偶者の収入を元にキャッシングの契約を行うことを配偶者貸付といい、利用する銀行にもよりますが、専業主婦でも30万円程度まであれば、この制度によって問題なく借りることができます。契約の時に夫や夫の職場に連絡をされるようなこともありません。

この制度を利用してキャッシングを利用する場合でも、契約を行うのはあくまで専業主婦である本人です。よって、返済もその本人が責任をもって行わなくてはいけません。

万が一返済が滞ってしまった場合でも、それを夫に連絡をされるようなことはありませんが、自宅に催促の為の郵便物が届いたり、その旨の連絡がある可能性があります。

夫には内緒でキャッシングを行っていた場合、それによってキャッシングの利用が発覚してしまう可能性があります。専業主婦がキャッシングを行う場合、くれぐれも返済だけには注意して利用することがとても大事だと言えます。


このページの先頭へ