やっぱり金利で選びたいカードローン!

専業主婦でもキャッシングを行うことができます

キャッシングを利用するにはその本人に収入が必要ですが、専業主婦に限り、配偶者である夫の収入を頼りにした借り入れを行うことができます。

ただし、この借り入れが行えるのはそれを認めている銀行のカードローンだけです。消費者金融は原則的に本人に収入がないと利用することはできません。

このように配偶者の収入を元にキャッシングの契約を行うことを配偶者貸付といい、利用する銀行にもよりますが、専業主婦でも30万円程度まであれば、この制度によって問題なく借りることができます。契約の時に夫や夫の職場に連絡をされるようなこともありません。

この制度を利用してキャッシングを利用する場合でも、契約を行うのはあくまで専業主婦である本人です。よって、返済もその本人が責任をもって行わなくてはいけません。

万が一返済が滞ってしまった場合でも、それを夫に連絡をされるようなことはありませんが、自宅に催促の為の郵便物が届いたり、その旨の連絡がある可能性があります。

夫には内緒でキャッシングを行っていた場合、それによってキャッシングの利用が発覚してしまう可能性があります。専業主婦がキャッシングを行う場合、くれぐれも返済だけには注意して利用することがとても大事だと言えます。

関連記事

    カードローンの金利を低く抑えるためには

    カードローンの利用では金利はできるだけ抑えたいところです。 基本的にカードローンの金利は利用限度額に応じて決まります。利用限度額が高額であれば金利は低くなり、利用限度額が低ければ金利は高くなります。 たとえば、10万円という少額の借入れであれば年利18%が適用され、100万円以上... 記事を読む

    カードローンとクレジットカードの相違点

    カードローンとクレジットカードには、以下のような相違点があります。 一つ目は、「法律上の区分」。 クレジットカードには「割賦販売法」が適用されますが、カードローンには「貸金業法」が適用されます。 年収の3分の1以上借りられないという、いわゆる「総量規制」は貸金業法の規定なの... 記事を読む

    多重債務はおまとめローンにしましょう

    どうしてもお金を借りたい、しかし、友人にお金を借りる時でも何に使うかは話さなくてはいけません。 どうしても話したくないのが借金です。 そんな時に利用するのが消費者金融のカードローンです。 メリットとしては、審査が甘くて理由も聞かれずお金を借りることができます。 その分... 記事を読む

    キャッシングは利用法をキチンと理解して正しく活用しよう

    給料日前で手持ちがないときに急にお金が必要になったときは本当に困ります。友人や知人にお金を借りるのは気が引けるし、万一後でトラブルになって人間関係にキズがついては大変です。こんな時に1番頼りになるのがキャシングです。難しい手続きなどは必要なく、例えば50万円以下なら運転免許証や保険証などの身... 記事を読む

    キャッシングと借入希望額について

    どのキャッシング業者に申し込むにしても、いくらくらい借り入れしたい、という気持ちは持っているでしょう。その希望に合わせて借入希望金額を記入する必要がありますが、必ずしも多額の借入希望額を記入すればよいわけではありません。 キャッシングにおいて、今まで何も借り入れしてこなかった方は、信用... 記事を読む

    カードローンとキャッシングってどう違うの?

    カードローンとキャッシング、どちらもお金を借りることができるサービスです。なんだか同じような意味合いのサービスに思えますが、違いがあります。 まず大きな違いとなるのが、使用するカードの種類です。カードローンは専用のローンカードを使います。カードローンには、消費者金融系と銀行系があります... 記事を読む

このページの先頭へ